借金返済|キャッシングの返済はココに注意!

キャッシングでお金を借りて、「毎月返済しているのに、借金がなかなか減っていかない」と感じた事があると思います。
お金を借りる時には一生懸命でも、返す時はあまり必死にならないものですが、借金返済方法を間違えていると、少しずつ影響が出てきます。

 

そのためには返済のポイントを抑えておく事が重要で、ポイントさえ押さえておけば損をしないキャッシングが続けられます。
ポイントと言ってもそんなに難しい事ではないので「借金がなかなか減らない」と感じている方はもう一度見直しをしてみましょう

 

「借りたお金はすぐ返す」が鉄則

キャッシングの鉄則は、「借りたお金は1日でも早く返す」と言うのが鉄則です。
長くなればなるほどほど金利がどんどん増えて、支払わなければならない金額が膨れ上がってしまいます。

 

例えば、消費者金融から50万円を年利18%で1年間借りると、その利息は5万円になります。
50万円はあなたが必要だったお金ですが、5万円は借りるための手数料と考えます。

 

利息を多く払う事でいかに無駄なお金を支払っているかが分かります。

 

ですから、返済期間が短ければ短いほど利息は少なくなります。
同じ条件を1ヶ月で返済すれば、利息は7千円程度で済みます。

 

早く返すためにも、借入れ時に返済期間が長くなりすぎないようにする事がポイントです。
返済回数を多くし過ぎたり、リボ払いの毎月返済額を少なくすると、返済期間が長くなります。

 

普段は毎月最低返済額だけの支払いにしておき、お金に余裕が出来た時は、繰り上げ返済や一括返済をするなどして、少しでも早く借入残高を減らすように努めましょう。
特に消費者金融の日割り計算の場合は、1日でも早く返す事がポイントです。

 

複数借入れがある時はまとめるのも有効

やむなく複数社から借入をしてしまい、毎日返済日が気になり、仕事が手につかなくなっている方もおられます。
多重債務陥ると、精神的にも追い込まれてしまいます。

 

そんな時に利用したいのが「おまとめ」です。
おまとめは「おまとめローン」と言うような商品も有れば、銀行カードローンに借り換える事も出来ます。

 

おまとめのメリットは

  1. 複数日あった返済日を1日にまとめられる。
  2. 借り入れを一本化することで借入金額が増え、それによって金利が下がる。
  3. 苦しかった返済が新たに借り入れる事で新しい返済計画が立てられる。

というメリットがあります。

 

別々の業者からの借り入れを一本化できるのがおまとめローンです。
基本的に借入額が大きいほど金利は下がる傾向があるので、それらをひとつにすることで条件が良くなることをねらいます。

 

おまとめで注意しなければならない事は、現在の利率よりも低くなければ意味がないという事を覚えておきましょう

 

遅延や延滞は絶対に損!

何らかの事情で返済日に支払いが出来なくなった場合、どうなるのでしょう。
まずは遅れた日数分の遅延損害金を請求されます

 

遅延損害金の利率はそれぞれ違いますが、実質年率の1.46倍以内なら設定しても良いことになっています。
また、融資枠が減らされる可能性があります。

 

延滞や遅延日数が短ければそれほど問題にはなりませんが、何度も繰り返したり、長期間放置した場合は、遅延しているという記録が信用情報機関の個人情報に記録されます
こうなってしまうと、今後新たな借り入れは難しくなります。

 

もし、どうしても支払えない理由がある時は、先にこちから電話を入れて返済できなくなった理由や、いつなら返済できるのかを伝えておきましょう。
担当者から電話がかかってくるのを待つより、こちらから電話を入れて報告するのと印象が全く違ってきます。

 

出来るだけスムーズに返済が出来るようにするには

遅延を起こさず、確実に返済する為には、支払い方法を自動振込みや口座引落しなど、強制的に返済される返済方法を使いましょう
自分で銀行やATMまで出向くと言う場合、ATMが混んでいたり、まだ日にちに余裕が有るからと思っていると返済期日が過ぎてしまう場合もあるので口座引き落としや自動振込なら確実に返済出来ます。

 

ただし、口座にお金がないと「事故」になりますから注意が必要です。

 

また、「ついうっかり返済日を忘れていた」という人も多いので、使っているカレンダーに返済日にマークを付けるなどして忘れないようにしましょう。
最近では大手消費者金融や銀行カードローンでも、会員サービスとしてメールで返済日を教えてくれるサービスが無料であるのでぜひとも利用しましょう。

 

どうやっても返せないとなった場合は

借入額が増えすぎて、どうやっても返せそうにない状態になった時、一番やってはいけない事は、闇金に手を出してしまう事です。
闇金に手を出すと今以上、悲惨な状況に追い込まれるので絶対に手を出してはいけません。

 

そうなってしまったら債務整理で借金を整理する事も一つの選択肢です。
借金整理には「特定調停」「任意整理」「個人再生」「自己破産」という主に4つの方法があります。

 

中でも「任意整理」は、弁護士や司法書士に依頼して、借入額の減額や返済方法の変更をキャッシング会社に交渉してもらいます。

 

弁護士費用などは後払いのところも多く、うまくいけば借金が半分になるとか、完全になくなってお金が帰って来たという多くの報告もありますので、一人で悩まずに弁護士事務所に相談するのも一つの解決策です。

更新履歴